読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実践しくじりFPに学ぶ『オモロク生き抜く力』

これを知っていて、実践してさえいれば、、、、な人生の著者。それをしくじり先生としてアウトプットしていきます。知らない事を減らせば生き方が変わる!

AIはどこまでいくのだろう。。。

毎度です。しくじりFPです。

 

FXのシステムトレードなど、

たくさん出て来ていますが、

 

何と、このシストレにいよいよAIを搭載しちゃおうか。

という話を聞きました。

 

どういう具合に資産を増やすことに貢献してくれるか

すごく楽しみですが。

 

ここまでやると、人間っていったい。。。と思います。

感情で運用しちゃダメですよー。

感情のコントロール

毎度です。

しくじりFPです。

 

みなさん、

 

投資したことありますか?

投機したことありますか?

 

お金を出して、増やそうとする。

そういう意味合いでは、

投資も投機も同じです。(変なふうに誤解なきよう)

 

増やそうとして、増えると

欲が出ます。

 

結果的に、まだまだ増えるはず!と思ってて

無くなったりします。

 

FXやら株、

そして、パチンコ、競馬。

 

結局は欲との戦いです。

全て、増やすための手段、戦術の一つにすぎない。

 

 

ここには感情のコントロールが必要。

コントロール出来るのは誰でしょうか?

 

 

全て、自分です。

 

もちろん、外部環境を整えて

コントロール出来るようにするのも一つです。

 

投資も投機も、

感情コントロールが出来なければ、

手を出すのはオススメしません。

 

 

僕は人の抑制や、アドバイスはしますが

自分のコントロール苦手です(笑)

 

ついつい欲を出します。

向いてません(笑)

口は災いの元と、価値観の統一の大切さ

毎度です。しくじりFPです。

 

またまた、しくじったパターンですが

 

【想い】を【伝える】のと

【想い】が【伝わる】のは

大きく違いますね。

 

先日、想いを伝えたつもりが、

言っただけ。になり、

しかも、内容が曲がって伝わってしまい

関係各者に迷惑をかけてしまった。

 

しかも、キーワードがまずかったのか

日常会話の延長ではありましたが、mail内容が社内規定に反するということで

何というやりとりをしているんだ。となってしまった。

 

中小企業社同士は、LINEやFBメッセンジャーで連絡を取り合うのは

日常茶飯事だが、大手企業の内部監査では、そういった

担当者個別の連絡先交換などはマズイのだそうだ。

 

相手が女性だったのと、LINEなり連絡先を伺ったのが

厳しい監視の目に引っかかってしまった様子。

簡単に連絡取り合うのにいいと思ったのだが、

聞き方も良くなかったのかな。当事者のお相手も全然わかっていなかった様子。

 

自分たちを取り巻く環境と、

相手の環境は全く違うのは日頃から気を付けているけど、

やっぱり、差がついちゃうね。

 

と言うことで、やっぱりコミュニティビジネス、コミュニティ形成は

本当に大切だと痛感している。

 

同じ考え方の人が集まると、しょうもないトラブルも避けられる。

当然の事である。

 

 

 

 

 

 

実践しくじりFPから学ぶお金とメンタルの話⑤

毎度です。実践しくじりFPです。

それではその⑤をどうぞ

実践しくじりFPさんの話⑤

知らないで済ませない事
(○○歳になってから知ればいいお金の知識なんて嘘)

 私がよく使うフレーズのひとつに

「知ってて損な事より知らないで損なことばかり」

というものがありますが、これが私が見つけた

『日本の教育の仕組み』

の一つだったりもするんですね。

小学校1年生ではこれ。
2年生ではこれ。
 
中学校1年生ではこれ。
2年生ではこれ。。。
 
高校、大学。。。
 
これね、お金やビジネスや生活という縛りの中で言うと
早く知ってて損なことなんて、全くないんですよ。
 
僕は、将来、大きな家を建ててお父さんお母さんを楽にさせたい!
なんて夢の子供がいたら、
『どうしたらできるのか』
を導いてあげるべきなんです。
 
人はお金に困っている時ほど

「なんとかしてお金を稼がなきゃ!!」

と焦ってしまいがちですよね?
 僕もそう。当たり前に。
余裕のない心理状態に追い込まれるほど

「なんでもいいからとにかくお金が欲しい!!」

となってしまうのは痛いほどよく分かるのです。

 でも、「なんでもいいからとにかくお金!」となってしまって、

勢いや感情に任せてお金をガツガツと追いかければ追いかけるほど、
皮肉なことにさらにお金や人から逃げられてしまうだけなのです。
 
でもそんなお金の失敗を何度も何度も繰り返しながら、
一体何をどうしたら自分の理想に近づけられるだろうと考え続け、
行きついたのは誰と何をどうやってするか。 
『お金が集まらないのは自分のお金に対するあり方が間違っているのが原因なんだ』 
というお金の真実に辿り着いたのです。
 
だからこそ、自分があの時、ああすればよかった!!と
手遅れに感じた事を惜しまずに出していきたい。
 
若い芽は摘んじゃいけないんですよ。
早くからお金のこと社会のことを正しく知れば
誰でもお金は増やせるし守れます
 物々交換ではなく、通貨で社会が動く以上はお金は必要なものです。
でも、私たち日本人の99%は義務教育はもちろんのこと、大学や大学院ですらお金のことをきちんと学ぶ機会のないまま社会に出て行かざるを得ない環境で過ごすのが一般的です。
ここにはずっと疑問を感じます。
多くの日本人がお金のことで悩み苦しんでいるのはある意味で仕方の無いことだということが分かるのです。 なぜなら私たち日本人はお金のことをあまりにも知らなさすぎるからです。
 でも逆に言えば、私がこれまで散々痛い目に会いながらようやくたどり着いたこれだけはやってはいけない、知っておいた方がいいこと
を理解して自分のものにして使いこなせるようになりさえすれば、過去の私と同じように厳しい環境には置かれないでしょう。後悔もしないでしょう。
 
私の周りの賢人たちが実践しているお金の増やし方、守り方なんていうのは、本当にシンプルな事も実は多いです。

だから私は、以前の私と同じように

「何とかしてお金の不安やストレスから解放されたい!」

「できることならお金の自由を実現したい!」

と真剣に望んでいるけれど、でもその一方で

「 一体何をどうしたらいいのか全然分からない・・・」

「いろいろと学んでいるはずなのに
全くお金がないのはなぜなんだろう・・・」
と悩んでいるあなたのために、私が数多くの手痛い経験を通じて辿り着いた、
ほとんどの日本人が知らないお金の真実をメール講座という形で順を追って分かりやすくお伝えすることにしたのです。 
これまで私が長い間、何度も何度も痛い経験を繰り返しながら、それでも決して諦めずにお金の学びを続けてきたのは、今、この文章を読んでくださっているあなたに、『目には見えないお金のルール』をお届けするために必要な経験だったんだなあと今では分かるのです。 

お金のために嫌な事を我慢しないお金のために嫌な人と我慢して付き合わない

  1. お金のために大切な人との時間を犠牲にしない

ライフスタイルを実現して、あなたはもちろんのこと、あなたの大切な人も幸せにして頂けたらと思います。

実践しくじりFPから学ぶお金とメンタルの話④

毎度です。しくじりFPです。

それではその④をどうぞ

実践しくじりFPさんの話④

「大企業正社員なのに、バイトより時給が安いの?」
 
両親はもちろん、実の妹も、さらには従兄弟のなかにも誰一人として大学に行った人がいないような、そんなごくごく平凡な家庭に私は生まれました。
まぁ私も高卒ですぐ結婚して家庭を持ち、会社員になるわけです。
 
ここでは寿司職人で時給800円から
営業の世界に飛び出し、18歳で日当20万になってしまうような別世界でした。
そのことがきっかけで東証一部上場企業の営業会社に入るわけですが
当時、時給に換算すると500円くらい(笑)でした。
何で朝から夜中まで働いてこんな事になってんだろう?と思いながらも
地元を飛び出して住み込みでやってたので引き返せません。
とにかく、稼ぐ!事だけでした。
 
19歳でプロパークレジット会社のゴールドカードを持ち、
若気の至り、それはそれは浮かれてましたね。
時給500円のくせに(笑)
 「お金持ちになるには一体何をどうしたらいいんだろう?」といった、
誰もが一度は考えたことのあるそんな素朴な疑問をいつしか真剣に考えるようになっていったのです。
 
22,3歳だったころか、ヤフオク情報商材とか転売とか
まぐまぐが出始めた頃にメルマガとか、色々やってみましたね。
 
出会い系サイトを運営しないか?とスカウトされた事もあったし
今はあるかしらないけど、ソフトバンクイーコマースという会社に応募してみた事もありましたね。
それくらいネットビジネスに興味がありました。
 
案の定、出会い系サイトで独立した人は儲けてましたし(正義がどうとかは知らんけど)所属していた会社のインターネットビジネス系の部門は絶好調でした。
 
そうしているうちに、将来はサラリーマンのような時間もお金も人間関係も不自由な生き方ではなくて、もっと自分の意志で自由に時間使いたい!
という自分の気持ちに気づいたのです。
お金について大事なことは全て実践の失敗経験から教えて貰った(あかん事例やで)

 でも、当然のことながらそのためには現実的なお金を手にする手段が必要でした。給料はいいんだけど、何せあれこれ引かれるし、支払いも多いしなぁ。

どないかして増やさんとなぁ。
 そこで、私が目を付けて長年真剣に取り組んで来たのがFXのトレードだったのです。
株式は自社株の持ち株会を最小限。
というのも、この分野は実際に成功している人がたくさんいて、とてつもなく大きな可能性を感じたからです。
持ち株会については当時は理屈はわからないままに、とりあえず買っとけ。だけだったので
それよりも目先の給料が大事だ!!!とアホな考えで全然やってませんでした。
タイムマシンがあれば、当時の僕にドルコスト平均法を必死で教えてやりたいですね。
FXについては笑えるほど上手くいかなかったんですね・・・
 「これはきっと独学だけじゃダメなんだ!」
 そう考えた私は、お金のことをさらに深く掘り下げて学ぶために、睡眠時間を極限まで削りながら
投資の本を読んだり、その通り夜な夜な実行したり
(ヨーロッパは16時ごろ、アメリカは21時ごろから取引開始なので朝まで寝ずにやることもありましたよ)
もちろん、一時的に大きく儲かったり、とんでもないロスカットにあったり。
手数料の小さい証券会社に口座開設したり、
システムが便利そうな会社に変えたり、モニターを増やしてみたり、まぁありとあらゆる事をやりました。
バイナリーオプションが世に出る前に香港で口座開設して試したこともありました。
ブックメーカーもやりました。
 
ひたすら学んだはずなのに、いつまでたっても学びのために投資した金額すら回収できないまま、
ただたたお金が溶けて無くなっていく状態から抜け出せないままだったのです。
 15分ほどで100万円以上を失ってしまい、固まったこともありましたね。
 
そんな風に、必死にガツガツとお金を追い続け、もがけばもがくほど損失を重ね続けるなかで何年も何年も試行錯誤し続けていたのです。
結局はスキルでも知識でもなく、感情のコントロール
これはFXだとか株だとかもそうですが、
競馬やパチンコなどのギャンブルにも言えることなんですよね。
気づいた時には当然、遅いんですよ。
ということで、私はしくじり先生に立っているわけです。

実践しくじりFPから学ぶお金とメンタルの話③

毎度です。実践しくじりFPです。

それではその③をどうぞ

実践しくじりFPさんの話③

自分で時間コントロールできない会社員時代
 一般的な会社員は、上限がある程度定められた給料というかたちでお金を得る立場ですが、私が選んでいた営業職は結果を出せば増える仕組みでした。
お金だけは。
 
それが必ずしも直接的に気持ちの面で報われるわけではないというのは経験しました。
稼いでも護る、殖やすという方法を知っていれば少しは頭を打たずに済んだかもしれません。
一生懸命働いても何も残さなければ時間と体力を浪費するだけの人生です。
幸い、一部上場企業という事もあって倒産リスクなどは低いものの
20歳ごろの時は良かったものの、退職金制度もないし、ボーナスも固定じゃないし、こんなギャンブルな生活してていいもんかね。
しかも雇用されながら。と考えるようになりました。
 「雇用=社会(会社)に依存している」状態
というのは、極めて自律からは遠い稼ぎ方生き方であるために、
そうした状態の会社員で居続ける限り、時間にもお金にも見放される、ましてはギラギラしてると人からも好かれないことには気づいていました。
 
が、手遅れ。
 
 だから私は、自分がやりたいと感じたことをストレスなく自由にできるライフスタイルを実現するために、経済的にも時間的にも自立する方向へと徐々に生き方をシフトさせていったのです。
そんな時、私のそうした生き方を加速させる出来事がやって来ました。
営業月の始まった中ごろの話です。
突然、当時の上司から電話があり、月給を今月分から半分にするね。
ごめん。俺にはどうしようもなかったよ。と。
相手は常務取締役という役職の方でしたが、中間管理職の決済力の無さを垣間見た瞬間でした。
新規部門の立ち上げをして間もないころでしたが、これは衝撃でした。
給料が半分になるという事は、税金や社会保険はいきなりは下がりませんから
手取り0円になるなぁ。と
これでは時間どころか所得もコントロールできないじゃないの。
 
とまぁ、仕事にも家庭にもお金にも追われ半分頭おかしくなりそうになりながら
こりゃもう飛び出すしかねーわ!!と会社を辞めてみました。 
正直、20代前半は大変いい想いをさせて頂きました。
所得、役職、決裁、時間、ある程度、本当に自由にさせてもらえた方だと思います。
まぁ世の中、自分の信念だけでは生きていけなくて、会社員やる以上は
インチキしてようが、何してようがイエスマンが食っていける世界なんだな。
と勉強になりました。
ただの社員がこんなことを言うのもなんですが、確かに出世すればするほど、社会への影響力も増して、やりがいのある大きな仕事ができそうではあったのですが、その延長線上にはどう見ても、不自由極まりない自分らしくない生き方しか出来ないことが見えました。
会社員としての未来に自分の望む未来はないと確信したことで、ようやく私の中で一つの答えが出たのです。
 
全ての人にとっての正解ではないです。あくまで、私の生き方。 
多様性は受け入れるべき。
会社員のままでは決して出来ないようなシガラミやストレスから解放されて、仕事の自由、人づきあいの自由、時間の自由、
住む場所の自由を実現した自分だけのオリジナルなライフスタイルを生きよう!と。
人生1回だしね。(スピリチュアルな事は加味しない)
 そして、一度そう考えはじめたら
「本当にそんなことができるんだろうか?」といった不安はもちろんあるんだけど
「どうすれば実現できるんだろう?」ということをよく考える。
生い立ちは後で書くとして、僕は常に不安がり、ネガティブで、石橋たたきまくるタイプ。人なんて信じない(笑)
そんな僕でも、思考が変わっていくんです。 
自分自身がしたくないと感じることは一切せずに、
気の合わない人とは極力関わらないようにして、逆に理屈抜きでワクワクして止まらない
「行ってみたい!」「観てみたい!」「体験・体感してみたい!」と感じることだけにお金と時間を使いつつ、
私と同じ価値観や生き方の方向性を持つ気の合う仲間たちとの時間を楽しく過ごす自分の心に素直な生き方を実践するように
なっていったのです。
 
そして今の私は、この『ノンストレスstyle』の考え方や価値観に共感してくださる仲間の皆さんとともに、
国や会社といった自分以外の誰かに依存しながら我慢して生きるのではなくて、
自らの力で経済的に自立して生きていくことのできる人を一人でも多く増やすために活動しているのです。
会社にいるなら徹底的にその環境を活かして、自分が最大限活躍できる支援もしています。
どーせ自分の身を投資してるんだから見返りは自分で作らなきゃね。
自分の好きなことや興味があることを心の赴くまま追求するなかで
身につけた知識や経験といった価値を、必要としている人へ
直接インターネットを通じて届けるスキルを身に付けることで収入を得ながら生きてくライフスタイル
 
遠くの人でもコンタクトとれちゃうんですよね今の時代。
 
 
 
では、一体何をどうすれば『ノンストレス生活』を実現することが出来るのか?
まだまだ研究中ではありますが、本当に答えはないと思っています。
自分が日々の決断で進んできた道が今日。 
その答えは今後、無料のメルマガやLINE@などを創って包み隠さず!?お話ししようと思っていますので、
私のようにお金にガツガツせずに自然と時間や人、お金にモテるようになることに興味があれば、
まずは登録して答えを手にして頂けたらと思います。

その時には告知します。

実践しくじりFPから学ぶお金とメンタルの話②

毎度です。実践しくじりFPです。

それではその②をどうぞ 

 

実践しくじりFPさんの話②

人とお金と美味しい情報を追うのを辞めたとき、自然と必要な人とお金と情報が入ってきた
 
私は2010年まで東証一部上場企業の営業員としてフルタイム(フルフルタイム?笑)で働きながら、
自分のしくじりはこれからの世代に活かしてもらいたいと思い
ファイナンシャルプランナー資格を取得し小さく小さく啓蒙してきました。
 会社員時代は毎日12時間以上(小さめに言ってますw)も拘束されていたにも関わらず、
まさに金持ち父さんにも書かれていたラットレース状態。
お見事。
それはそれは、額面だけの自己満足。。
よく稼がせて頂きました。今思えば大変貴重な人生経験です。
 面白いのは当時は間違いなく、私より年上の部下もたくさんいて、同年代より収入は圧倒的に多くて、
もっと言えば私の両親よりも、私のほうが収入の多い状態をいつの間にか実現してしまっていたことでした。
所得と収入の違いなんて全く意識もしていませんでしたがね(汗)
2010年に10年以上続けた会社員生活を卒業し独立しました。
独立当初は気づいたら月収100万超えていました。
それでも不安は払しょくできませんでしたね。
労働時間は会社員時代の半分以下になったのにも関わらず、逆に収入は会社員時代の2倍以上に増えたのです。 
どうして私がそんな自由なライフスタイルを実現できたのか?と言えば、そのポイントは
(1)理想の人脈(数じゃない)をつくってから、ギブギブギブの気持ちで動いて、その後に収入源をつくった
(2)徹底的に情報を集め、不要情報を断捨離した(ちょっと通じにくいかな)

の2つに集約されます。

全てがここに回答されている訳ではありませんが、大きな要因である事は間違いないでしょう。 

(1)のまず、リターンやお金を追いかけることと言うのは、以前の私も含めて多くの人が陥りがちなポイントだと思います。

 特に、今のように時代の変化が大きく、経済の先行きが不透明だと、将来のお金に対する不安を感じやすく、

そうするとその不安を解消するためにお金が欲しくなるのが人情だからです。
10年前にスマホありましたか?
15年前インターネットこんなに普及してましたか?
激動の進化です。
 
インターネット上を見渡すと、たった1クリックで○○とか、何もしてないのに口座残高が、、、とか
”煽り系の稼ぎ系”と言われる情報や投資の情報で溢れかえっています
それは今の世の中全体が不安に感じている将来を捉えた時代に合わせた商売でもあるのです。
(楽して稼ぐなんて無理でしょ笑)
余談ですが私もねバイナリーオプションとかFXなんかは散々やりました。
ゼロサムっていう言葉があるように、結局誰かが損失出せば誰かが儲かってるんですよね。
そうした情報を元に、「自分の将来の不安を解消するために誰にも頼らず稼げるようになろう!」
と稼ぎ系や投資の情報を手にして、実際に実践しようとしても、ほとんどのケースで全く上手く行かないのです。
ここにはスキルより以前の問題があります。
なぜなら、お金というのは自分の心の状態と密接に関わっているので、
お金に対する自分の中でのルール、そして強靭なメンタルの『あり方』が出来ていないと、
どんなに素晴らしいノウハウやテクニック、ツールといったお金を稼ぐ『やり方』を手にしたとしても、
まぐれ以上の結果を出すことはできないからです。
ちなみに私はバイナリーなどでまぐれの結果は相当出しました。もちろん、そんなものはすぐに損失に変わります。
ファイナンシャルプランニングも大事ですが、ファイナンシャルカウンセリングも必要ですね。 
私も『稼ぎ方』ばかりを追いかけ失敗を何度も何度も経験してきたことで、
土台としての自分の心の『あり方』が出来て、
その後に適切なお金を稼ぐ『やり方』が揃い、
『守り方、使い方』をあわせもった時にはじめて、好きなことをしているだけで顧客と売上と情報がついてくる理想な
状態に辿り着くことができることに気づいたのです。
別に本当に好きな事してたら勝手に儲けますよって言ってるわけじゃないですよ。
そんなの無理ですから。 
だから、今の私はお金そのものにフォーカスしてガツガツとお金を稼ごうとするのではなくて、
常に自分が居心地よく(これ相当重要)機嫌良く、楽しく過ごすことを大切にしながら、
人やお金や情報にモテる自分であり続けることにフォーカスしているのです。
特にセールス職の方には儲かった時の対処なんて知っててもらいたいですね。
 私が『お金は稼ぐだけじゃ無価値で働かない』とお伝えしているのは、そういう経緯があるからなんですね。 
そして(2)は、情報が氾濫しまくって何が正しくて何が間違っているかわからない時代
インプットばかりしているても情報デブになるけど、インプットしないと
アウトプットも出来ないから徹底的に情報入れて、徹底的に断捨離。
すると自分なりの考えや自分なりの生き方が出て来る。
そして、それに応じた人間関係も見えて来るんですよ。
 
というのも、しんどい時にお金のためだけに価値観のあわない人と無理して付き合ったり、好きでもないことを我慢してやったり、日々お金にまつわるトラブルやクレームに晒され続けていたりすると、例えどんなにお金があったとしても、幸せな人生を送ることはできないからです。
まぁお金がないからそんな動きになっちゃうんだろうけど、
考え方やあり方を持てば、行動も変わってくるんです。お金がない時期は多少の忍耐も必要だと思いますけど。
 だから私は、まずはお金を稼いでからその後で自分らしい生き方を探るという、
まずどんな手を使っても稼ぐ、人の繋がりはその次の考え方の逆、つまり、
まずは自分と同じ考え方や価値観の人と繋がって、そうした人たちとの信頼関係をベースに
自然な流れとお金を同時に得られるようになる
『人ファースト、お金セカンド』を意識して、まずは同じ考え方や価値観の人と繋がることを優先しました。
 
面白いもので、考え方が同じだとお役立ちの仕方、情報、商品なんかも
一致してくるもんですね。
 その結果、今では人間関係のストレスからほぼほぼ解放されたうえに、
周りの人たちから感謝されながら、会社員時代とは比べ物にならないほどの時間の自由と、
必要にして最低限だけども経済的な自律を両立したライフスタイルを現実的に叶える環境を整えにかかっています。
もちろん、失敗はつきものです。
 
ノマドしながら無茶な営業もせずに実績をつくっていく。
そんな素敵なビジネススタイル。
 
オモロイ事で自分の将来を創っていく。
理想論だけど、楽して儲けるより、楽しく儲ける。
こっちの方が好きだな。
 
今は面白い事を仕事にお客様から10億円以上の扱いをさせて頂いてます。